読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。人生は死ぬまでの暇つぶしだと気づいた。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

旭山動物園に行った。10数年ぶりだな。

スポンサーリンク

なんかGWらしいことしちゃったな。

GWと言っても、うちの嫁ちゃんは今日しか休みがない。看護師の辛いところだ。息子が小さい頃はある程度優先的にGWや夏休み、正月は休みをくれていたので、大学生とになった今では、休みは後輩に譲る立場になったのだ。それは、しょうがない。

で、今日しか休みがない嫁ちゃんに今日は何がしたいか聞いたところ、特にないけど天気がいいから久しぶりに動物園に行きたいというので一切反論することなく言うがままに従った。もともと今日は全部嫁ちゃんのしたいとおりに合わせる気でいた。今日しか休みなんだからね。

f:id:cc66hnd:20170503165316j:image

で、昼過ぎに旭山動物園に到着。今日は朝5時半に起き、読みかけの分厚い本を読み終えたときは、8時半になっていた。朝から3時間も本を読んだのは初めてだ。この連休中には読み終えたい本だったが朝に読み終えることができた。そして1時間散歩をして、シャワーを浴び、今日の予定が早々と終わった。今日の残りの時間は、全部嫁ちゃんに使おうと散歩の帰り完全に決めた。で、自分の今日やることはほぼできたので、念願の昼ビール。連休の1日ぐらいは昼ビールしないと連休の意味がない。

f:id:cc66hnd:20170503165411j:image

キリンもいいが、オレはサッポロビールがイイ!

まあ、とにかく大人でも楽しめるね動物園は。息子が小さい頃は、息子を抱っこしたり、混雑してる中で息子から目を離さないように気を張っていたので、今日のようには動物園自体を楽しんでなかった気がした。というより、小さな息子が走ったり笑ったりするすべてがかわいくて動物に目が行ってなかったのだ。

f:id:cc66hnd:20170503165510j:image

息子が書いた白熊の絵を思い出した。10数年ぶりにきた旭山動物園は、小さい頃の息子を思い出すばかり。そんなことを思いながら歩いていると、あの頃の息子のような小さな子供があっちこっちにいて、心から癒されました。子供を育てるということは、人生最高の幸せだとつくづく思う。どんな体験よりも、自分の子供を育てる毎日があったことは、もうそれだけでどんだけ幸せなことなのかとサッポロビールが思い出させてくれました。昼ビール最高!

f:id:cc66hnd:20170503165826j:image

昼ビール最高すぎたので、午後4時半に帰宅したが、ソッコーでまたビール。こんな自由な毎日を毎日続けたいおっさんです。(早く定年になりたい~!)

しかし、現実は嫁ちゃんも仕事の間、オレも連休というより、気持ちは仕事に縛られいる感じ。明日以降は、事務所にはいかないが、パソコンとにらめっこの仕事です。とある申請書と報告書の山でんねん。ということで、今日1日でいえば、結局休みを謳歌したのはオレじゃん。嫁ちゃん、ありがとね。明日は仕事の送り迎えするからね。感謝でいぱいだよ嫁ちゃん。時々ムカつくけど(笑)