読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。人生は死ぬまでの暇つぶしだと気づいた。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

明日から職場復帰。インフルエンザには気を付けましょう。

スポンサーリンク

先週土曜日、ホワイトアウトとなるような猛吹雪の中、39度の熱で命かながら病院にたどりつき、手に入れた診断書の自宅療養期間が本日までということで、明日から6日ぶりに職場復帰します。行かなくてもわかるが、事務所ではきっと決裁文書のマウンテンと、伝言メモのポストイットでリオのカーニバルみたくなっているパソコンがオレをまっていることだろう。それでも、熱が下がり体も楽になると休んだ反動で、仕事がしたい気持ちが湧き上がって、今すぐにでも仕事に行きたい、あ~もうじっとしていられない。ということはなく、テレビのバイキング見ながらASKAの話やらをうたた寝しながらみてると、このグータラが身に沁みついてしまったのではないかと不安になる。定年になったら毎日ヒマでどうしようもなくなると思いながら、この6日間のインフルエンザ休みを過ごしてみると、そんなに悪くない。本を読んだり、テレビでトランプ大統領の話題見たり、1日も結構早い。やはりオレはのんびりリタイア生活が夢だ。死ぬまで働くなんて冗談じゃない。でもな、リタイアできるまでまだ10年以上ある。わざわざ気が遠くなるようなことを明日から復帰だというときに考えるのはやめよう。嫁にはとにかく感謝です。ずっと献身的に身の回りの世話をしてくれて助かりました。寝室を完全に別にし感染しないようにとだけ考えています。もしこれが、独り身のおっさんだったら、どんなことになるか?ゾッとするね。孤独死してるわきっと。とにかく明日と明後日の2日間リハビリのように仕事出て、さび付いた体と精神を元に戻そう。とにかくまだ完全に復調はしてないと自分でわかる。まず、ビールを飲みたいという欲求がわかない。全然飲みたくない。そしてラーメンを食べたいとまだ思えない。食欲がイマイチない。ということでまだ70%ぐらいで、完全復活までもう少し。