読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。人生は死ぬまでの暇つぶしだと気づいた。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

JR北海道 鹿と衝突して遅れる

スポンサーリンク

昨日のエロいnightのことはすっかり薄れるくらい疲れた。今日は朝から晩まで立ちっぱなしの商談会。足も腰も痛く強烈にトシを感じる。昨日の夜はトシ感じなかったけどな。

違う意味で立ちっぱなんて言わせねえよ〜!

f:id:cc66hnd:20161102230449j:image 

話し変わって、その商談会で約20年ぶりで知り会いにあったが、見事なハゲッぷり。でも、考えると世の中ハゲはごまんといて、珍しくもない。普通のことだ。オレもそちらの世界に近づいているし。

ハゲ過ぎて頭がい骨が出てきたならビックリだが。

 ホント人間は例外なくトシをとる。若い頃、自分はトシとらないと思っていたもん。いつまでも髪ふさふさ、肌はツルンツルン、お尻ピチピチ、アレはびんびん物語だと思って疑わなかった。

しかし違った。オレはそこまで行ってないが、トシとると、肌ではなく頭がツルンツルン、メタボでTシャツはピチピチ、アレは静かなること林のごとし。

みんな、結局、なりたくないものになるってことなのか、人間は。

そんなこと考えながら、JRで帰る途中、上りの列車が鹿と衝突して20分以上遅れたが、その分長く本を読めて良かった。

駅に迎えに来てくれてる嫁に、やはり嫁が一番だと幸せを感じる。

人生は愛だ。(田原俊彦、びんびん物語ふう。わからんか^_^)