読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。人生は死ぬまでの暇つぶしだと気づいた。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

ドラフト会議 家族の物語におっさんは泣ける!

スポンサーリンク

北海道が本気を出してきたか?まだ、軽いジャブ程度だな。

昨年より若干早い初雪。

オレの場合は冬が大嫌いだ。寒いだけで十分嫌いだ。これからの季節はおっさんまるだしで、ダサイくても温かい恰好して、ももひきはいて生きていきます。万が一、美女と一夜をともにする奇跡に出くわしたら、ももひきはどうすればいいのでしょうか?

 f:id:cc66hnd:20161021122718j:image

北海道では冬の入り口のこのころにドラフト会議が行われます。今年はいい投手が多く豊作と言われています。

昨日のドラフト特番見て、おっさんは泣きました。

父を亡くして女手一つで大学まで支えてくれた母への感謝、父が大病を患い一時は家庭崩壊になりかけた選手、両親が離婚し父親に育てられた選手と父の苦悩、妹が生まれつきの重い病気にかかっていながら兄を応援する兄弟愛など、選手と家族の物語に泣けました。

もう、とにかくおっさんになると涙もろくてしょうがない。徳光和夫か。

それにしても、生放送のスタジオと選手のやり取りが中居をはじめ下手くそすぎて、コメントがかぶりまくって、イライラした。

このイライラもおっさんの証拠だな。

でも、オレはまだ、爪楊枝を口にくわえ飲食店から出てきたり、とんでもなくボロボロの部屋着を着ていたり、出し切ったつもりでアレをズボンにしまったら若干流れ出たということはない。まだ、大丈夫だ。たまに流れ出るけどな。

 

一番最初にオレもトシなんだな~と思ったのは、プロ野球選手がだんだん年下になっていったときだ。そのうち、ベテランや引退する選手が自分より年下というときは、さらにトシなんだと実感した。

 でも、一番衝撃的なのは、熟女が年下という現実。