読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。人生は死ぬまでの暇つぶしだと気づいた。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

睡眠障害かオレ

スポンサーリンク

何がいけなかったのか、ひどい目にあった。

昨日は、日本酒がっつり飲んでたぶん11時に寝た。そして夜中の3時に目が覚めた。覚醒してしまったのだ。

スマホを見ると3時5分。頭が痛い。トイレ行って水飲んでベットに戻った。最初は余裕だった。すぐまた寝れるだろうと思っていたが、全然眠れない。ここで焦らずウダウダ寝返りうったりしていたが、さっぱり眠れん。いい加減ヤバイなと思い、もう一度時間を確認したら3時50分だ。えー、もうすぐ4時かよ。頭痛〜い!

イライラしだすと同時に、連休明けの朝礼や仕事のゴタゴタが頭の中でごった煮になってきた。仕事の心配事が一段とパワーアップしてオレを襲う。いくら打ち消してもゾンビが復活するように消えやしない。寝返りの新記録つくたんじゃないか?右向いても左向いても、仰向けになろうが、うつ伏せになろうが、全然眠れない。さすがに焦り、ヤバイと思えば思うほど寝れない。寝れない材料が増えるだけで、時間がどんどん朝に近づいて行く。時計を見ても何もいいことはないとわかっていたが、見てみると5時だ。

いつも6時半に起きて仕事に行くのだが、ここ最近は5時頃に目が覚めそのまま寝れずスッキリしないまま仕事に行く日が多くなった。

その5時になったことを確認してしまい、このまま寝れず連休明けの朝礼から長い1日が始まるかと思うと、またイヤになってますます眠れない。

眠ろう眠ろうとするからダメなのだとわかっていたが、そう簡単に脳をコントロール出来るものではい。だけど、それしか方法はないと思い、逆に寝ないで起きてよう、寝たらダメというふうに思えば逆に眠たくなるのではないか?と、思っていたら、ホントに一瞬少し眠たくなった。その少し眠たくなったことに驚いて、また眠気がスーッと去った。するとまた、いろんな心配事が通常の何倍もの拡大版になって頭を渦巻いてくる。

もう今更寝ても逆に起きれなくなるんじゃないかと思い、寝たいけど寝ない方がいいのかとか思っているうち、時計を見たらもうすぐ6時。

寝るのを諦めた。今更寝てもしょうがない。うつ伏せになって目を閉じたまま時間が過ぎるのをただ待つことにした。

「起きなさ〜い!」と嫁の声。

え?寝たのか、オレ。

それにしても、死ぬほど眠い。ホントと最悪過ぎる。何分寝たんだ?ラスト30分くらい寝ちゃったようだ。かえって眠いし具合い悪い。

起きても食欲もなく、完全に不機嫌。

鏡を見ると目の下にクマができて10歳老けた。クマというか、岸部一徳までではないが目の下が腫れてる感じ。

これ、何日も続くと間違いなく鬱病になると思った。

ただ、そんな朝だったので、出勤しても全くエンジンかからず、朝礼でなんか厳しいこと局長が言っているが全く入ってこず、馬の耳に念仏状態。

またまたミゾが深まるのであった。