読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

くだらんプライドは持たない方がいい

日記 雑感
スポンサーリンク

それにしてもオレ、気が長くなったのかよくわからんが、昔なら逆ギレしてたと思う。うちの女子職員の態度。まあ、仕事のトラブルというか、よくあるちょっとした行き違いってやつ。詳しい内容は当事者以外に関係ないので書かないが、とにかく「いまさらそんなこと言われても!!(激怒)」と怒りMAXの笑い顔っぽい怒り顔。ふだんはまあまあいい女っぽくなってきてたが、こんなにブサイクになるとは思ってなかった。説明しても聞く耳持たず、しまいには、作り笑いで冷静さを保とうとしていたのが破たんした。

「4月の説明会、ちゃんと聞いたんですか!それをいまさら言われても直せません!私、説明会行ってないから気づきませんでした。できません!」

その通り、説明会に行ったのはオレだ。冷静にそれは事実だ。

しかし、そんなこと言っても仕方がないのだ。何枚か書類を差し替えなければならない。直さないとならんものは直すしかない。

昔ならここで瞬間的にカチンと来て言って、怒り口調で応戦し。しまいに修復不可能となり、事態はさらに悪化させることだったろう。昔、やったことがある。

でも今日は、「そうだな、俺が悪い。すまん。気が付いたのが今だか今直すしかないんだよ。それには君の様式Bの書類と連動するから、できないなら俺が直すからファイルを俺のところに転送して帰っていいよ」と実に穏やかなんだ、オレ。どうしっちゃたんだ、オレ?

自分で自分が気味悪い。それより、女子職員の方が気味悪かっただろう。なんでそんなに穏やかなの?ってね。

で結果的には、これでなんとか向こうの怒りの炎がスーと小さくなり、「わかりました。私がやります。」ってことになって、一難が去った。(だいぶ話は省略してるが。)

ただ、言えることは、くだらないプライドなんて持っていたら、ろくな結果にならんてこと。相手の怒りの火に油を注ぐようなことを言っちゃうんだよ、くだらないプライドを持ってると。

それと、カチンと来た瞬間が勝負の分かれ目だ。瞬間的に怒っては、相手が目上だろうが、目下だろうが事がややこしくなるだけだ。おさまりの付け方が難しくなるだけ。

まあ、なんかの本で読んでいたことが今日は上手い具合にオレの頭に降臨してきた。いつもこういけばいいが、今日はたまたまかもしれん。

とにかくくだらんプライドは持たない方がいいぞ。特に、オレみたいにいい歳こいたオッサンで、グータラは。