読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。人生は死ぬまでの暇つぶしだと気づいた。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

年賀状って廃止してもいいですよ。

スポンサーリンク

日本郵便は、2017年1月2日の年賀状の配達を取りやめる方向である。

理由は人件費の負担です。1日と3日の配達は継続する。

1月2日の年賀状配達は日本郵政公社時代の05年、顧客サービスの向上の一環として再開された。

2016年度に発行した年賀状は28億5329万枚で、8年連続で前年を下回った。ピークだった03年度の3分の2の水準になっている。

だけど、28億5329万枚のうち20億枚は何のため出しているのかわからない年賀状でしょう。

会社や団体が取引先や関係機関に出す、ただ紙の無駄の年賀状。

出すだけでもメンドクサイ会社の上司や先輩などへの何のコメントも書き足さない印刷だけの年賀状。

コメントなしもなんだから「元気ですか?」ぐらいしか書けない相手への年賀状。

よく考えたら、なくてよくね?年賀状。

今年パソコン壊れたし、年賀状データー入れなおすのメンドクサし無駄な時間の浪費になるから、今年をもって年賀状を引退する予定です、オレ。

でも、仕事の上司とかいろいろあるんじゃねえの?って思うから、日本郵便が「年賀状廃止!」をぶち上げてほしいな。

でも、あり得ないな。ドラゴン危機一発で人の形で壁を突き破るシーンと同じくらいありえないな。

年賀状は極力減らしたオレだが、出さなかった人から年賀状が届くと、やっぱり悪い気がして出すもね。大体オレの年賀状は1月3日以降についているでしょう。でも、いつついたかなんて、きっとみんな覚えてないよね。