読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。人生は死ぬまでの暇つぶしだと気づいた。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

「しつけ」で子どもを山に「置き去り」

スポンサーリンク

ライブドアニュースでこんな記事があった。

news.livedoor.com

 

私には考えられませんね。

置き去りはよくあることだという声がネット上に多くあるらしい。ホントか?

そんなバカなことあるか~!

私自身も親に置き去りにされたこともないですが、7歳くらいのこどもを置き去りにするというしつけは自分にはありえないしつけだ。

まして、山中に放置なんて考えられない。1秒でもあり得ません。

どんな危険があるかわからないだろ!

だいたい、自分の怒りにまかせてやるしつけなんていつけじゃないよ。

 

この親の言うとおり山中に置き去りにしたのであれば、なんとか生きて帰ってきてほしい。それだけだ。それしかない。

しかし、ホントに置き去りにしたのなら、そんな小さな子供の行動範囲なんて限られるんだから、そんなに広くない範囲を130人で捜索してもまだ見つからないってあまりにも不自然だと思う。

子供は置き去りにされたくないんだから、歩く方向としては車を追うように道の上になると思う。まさか自分で山奥に行くわけない。

と考えると結末がどうなるかホント心配します。

勝手な憶測で物言うわけにはいかない。

可能性としては、誰かに連れ去られたってのもありうる。(ないか。)

 

ただただ、なんとか生きててほしい。

もし、いたずら小僧だとしても、子供だもん、いたずらや多少の悪さはしょうがないって。

絶対生きていてほしい。ただそれだけを信じている。