読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。人生は死ぬまでの暇つぶしだと気づいた。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

5年間苦楽を共した相棒が脳死状態

スポンサーリンク

こういうのを弱り目に祟り目と言うのだろう。
こじれた懸案事項の憂鬱に認知症の母親の問題。その他思い出すのもイヤな事項ばかり。そこにまた追い打ちをかけるブルースが流れた。

2011年の2月から苦楽を共にした相棒が事故により脳死状態になってしまった。

いろんな出来事があり、今まで数え切れないことを教えてくれた。とんでもなく物知りだった。どんなジャンルでも詳しく知っていて、いつでも教えてくれた。
また、俺の勝手なわがままを一切拒絶することなく、みんなに伝えてくれた。どんなことでも嫌な顔ひとつせず、協力してくれた。
時には、難しい計算を伴う分析の時は大いにチカラになってくれたし、感謝している。
ただ、時には急に黙り込むことがあったな。最近そういうことも多くなった気がした。トシのせいかもしれないと思った。

医者ではないが、今の状態を詳しい人に聞いてみると、それはもうあきらめた方がいいと言われた。もし、治っても記憶は戻らないだろうと言われた。意識が戻っても、大事なことは全部忘れてしまっているということだ。予想はしたが、改めて言われるとショックだ。
俺のノートPC。ハードディスク損傷。大事なデータ、全部パー。。。
ということで、気が早い話しですが、今年は年賀状出す気になりません。