読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

久しぶりに嫁さんと買い物してて

雑感 日記
スポンサーリンク

嫁さんと書いたり、妻と書いたり、女房とか嫁はんと書くこともある。別に意味はない。自分のことを、オレ、私、僕、俺、これも全く意味なくバラバラに使っている。ここらへんみんな気を使って統一してるのでしょうか?気になったわりには別に気にせず今までどおりバラバラに使いそうです。

日曜日の午後、嫁さんと夕飯の買い物をした。嫁さんも仕事を持っていて、休みが合わないときがあるので久しぶりの買い物だった。買い物をしていて、息子が札幌で一人暮らしをはじめたんだな~と改めて思った。なんか今までと違うことに気づき、心にポッカリ穴が開いたような気になった。

今までは俺の酒のつまみと、息子と嫁さんの食べたいものを買っていたのだが、息子の分を考えなくてもよくなったことが寂しかった。なんか、張り合いがなくなった感じがした。いつも日曜日は早く風呂に入りビールを飲むので、刺身だとか冷奴だとか自分勝手なこと言って、嫁を振り回し、それと同時に息子は今日何食べたいかを二人で考え買い物をしていた。

ところが、息子が札幌に行って初めて二人でいつもの日曜日のように買い物に来て、ふと寂しさを感じたね。まあ、まだ札幌に行って10日ほどしかたっていないのでこの生活に親も慣れてないんだ。本当にはじめて親離れと子離れという感じだもね。絶対必要なことだけど正直言って寂しい。さみしい?さびしい?どっちが正しい?まあ、どうでもいいや。

 

俺も高校卒業して息子と同じように札幌で学生生活をした。初めての一人暮らし。一人暮らしと言っても隣に同じ年のイトコがいたので、イトコと暮らしていたようなものだが、詳しくは省略!なんかその頃を思い出すね。まあ、期待と不安と自由になったような気持ちと、なんだかわけのわからん気持ちにもなったりしたな。カネもなかったしね。でも、親の立場はあまりそのとき考えなかった。あまりというか全く考えなかった気がする。あのとき俺の親も寂しかったのだろうなと、自分が親になって初めて分かった。まあ、それだけじゃなく色んな事が親になって初めてわかった。どんなに子供のことが心配かってね。ホント心配が尽きない。

子供はそんなことわからなくていいんだ。とにかく元気で自分の夢に向かってがんばってくれればいい。元気でさえいれば何も言うことはない。

だがこれだけは言う。飲めない酒は飲むな!パチンコはやるな!コンドームは絶対つけろ!!