読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。人生は死ぬまでの暇つぶしだと気づいた。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

小規模支援法の概要について勉強しました。

スポンサーリンク

【閲覧注意】勉強したことのまとめメモですので、私以外の人には何の意味もないものです。読んでも面白くないです。一般的に面白くない内容なのですいません。

 

小規模支援法は「商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律の一部を改正する法律」のことである。

って、そんなこと知るか~!って感じですが概要を勉強します。

 

商工会・商工会議所って聞いたことありますか?

商工会は主に全国各地の町村に拠点があり、全国で1,679か所ございます。

商工会議所は、主に市にあり、全国に514か所あります。

で、小規模支援法の背景については、まず、人口減少等により我が国の楮的変化により、地域の活力が減退し、地域経済を支える小規模事業者は需要の低下、売上の減少に勅命しています。よって、小規模事業者がその地域で経営を持続的に行うためのビジネスモデルの再構築を全面的にサポートする体制を全国的に整備することが喫緊の課題となりました。

 

 小規模支援法の概要

 

これまで小規模事業者の記帳や税務の指導を行ってきた商工会・商工会議所が、地域の小規模事業者の課題を自らの課題として捉え、小規模事業者による事業計画の策定を支援し、その着実なフォローアップを行う「伴走型」の支援を行う体制を、中小企業基盤整備機構の知見を活用しながら整備。

小規模事業者の活性化と地域の活力向上は表裏一体。市町村や地域の金融機関、他の公的機関、大企業・中規模企業等との連携の強化、地域産品の展示会の開催等、地域活性化にもつながる支援を通じ、小規模事業者の活動を徹底的に支援する。この体制を全国各地に構築。

 

小規模支援法の措置事項の概要

 

 (1)伴走型の事業計画策定・実施支援のための体制整備

需要開拓や経営承継等の小規模事業者の課題に対し、事業計画の策定や着実な実施等を事業者に寄り添って支援する体制や能力を整えた商工会・商工会議所の支援計画(「経営発達支援計画」)を国が認定・公表する。

 

(2)商工会・商工会議所を中核とした連携の促進

計画認定を受けた商工会・商工会議所は、市区町村や地域の金融機関、他の公的機関等と連携し、地域の小規模事業者を支援。連携主体が一般社団法人・一般財団法人まやはNPOの場合は、中小企業者とみなして中小企業信用保険法を適用する。

 

(3)中小企業基盤整備機構の業務追加

計画認定を受けた商工会・商工会議所に対して、中小企業基盤整備機構が先進事例や高度な経営支援のノウハウの情報提供等を実施。

 

ということで、地域ぐるみで小規模事業者をしえんする商工会・商工会議所があります。リアルビジネスで地域で頑張っているみなさん、ぜひ事業計画を作って、持続的に事業を行いガッポリ稼ぎましょう。

ビジネスモデルの再構築を検討の場合は、地域の商工会・商工会議所へ相談してみてはいかかでしょうか?

 

www.ikedahayato.com

 

↑↑↑小規模事業者におススメブログ記事。

 

 

前回の記事に引き続き、全く面白くもなんともない記事ですいません。

 

eturanchui.hatenablog.com