読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。人生は死ぬまでの暇つぶしだと気づいた。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

PPM

スポンサーリンク

(閲覧注意)今回もクソ面白くありません。個人的メモですから。

 
PPM
問題児 
市場成長率は高いが、相対的市場占有率は低い製品です。
利益はあまり期待できません。しかし市場成長率が高いので集中的に投資して将来花形製品になる可能性があります。
 
花形製品 
市場成長率は高く、相対的市場占有率も高い製品です。
競争力や利益は高いですが、成長のための投資を必要とします。企業全体の成長率を上げる製品です。
 
金のなる木 
市場成長率は低いですが、相対的市場占有率は高い製品です。
利益が大きく、成長のための投資を必要としない製品です。企業の資金源の柱です。
 
負け犬 
市場成長率は低く、相対的市場占有率も低い製品です。
成長率、シェアともに低いため利益がでません。撤退を検討する必要があります。
このPPMを作成することで、事業のバランスの「見える化」が可能となります。
 
 
PPMの各事業の特長
 
問題児は、ライフサイクルは導入期から成長期にあたり、事業の特徴として、収益性は低く、成長のための投資が必要となります。
戦略は、集中的投資により、花形製品に成長させることです。
 
花形製品は、成長期にあたり、事業の特徴は、競争力や利益が高く、企業の成長力を上げるものです。
戦略は、金のなる木になるまで、シェアを維持することです。
 
金のなる木は、成熟期に入っています。特徴は、利益が大きく、事業全体の成長率は次第に落ちていきます。
戦略は、とにかくシェアの維持です。
 
負け犬は、衰退期に入っているため、利益はほとんど出ません。撤退を考える時期にきています。