読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

2015夏の甲子園 注目校 大阪偕星学園「貧乏でも野球は勝つ」

スポーツ 泣ける
スポンサーリンク

私は、北海道民ですから、北北海道代表の白樺学園、南北海道代表の北海は当然注目校なのでわざわざ書きません。

ただ、北海は開幕試合、白樺学園は大会3日目に出ます。

2校とも負けたら、甲子園の楽しみ3日で終わる。

そうならないように頑張ってね、2校とも。

 

で、まず今大会の注目校は、大阪偕星学園ですね。

あの王者、大阪桐蔭を倒して甲子園にまで駒を進めてきました。

Yahoo!ニュースのこの記事を見て、これは応援したくなりましたね。

headlines.yahoo.co.jp

世の中には、ホント恵まれない球児もいるんです。

まあ、現実としてお金をかけたほうが強くなりやすいのだろうけど、野球をやりたいのに「お金がないからできない」というのは悲しい。いたたまれない。

お金のない人にもプレーする機会をできる限り用意したいという考えはホントに素晴らしいことだと感銘を受けました。

そんな、チームだからこそ北海道民の私としても大阪偕星学園を注目し、応援します。

野球ってお金がかかるし、それを支えている親御さんへの感謝の気持ちがあるからこそ、泣けますね。

今まで全く知らなかった大阪偕星学園。

私は前から、地方の名もなき無名校の中にもそれぞれ地と汗と涙の物語があり、一人一人にその人の人生のドラマがあると思っています。

全国屈指の激戦区大阪を制し、夢舞台に立つ。

たとえ貧乏でも夢はかなう!

全ての施設、道具、お金という環境がそろっていなくても、たとえ恵まれていなくても、青春のこの時期をこの監督と過ごす大阪偕星学園の選手たちがうらやましいとは思わないか?

f:id:cc66hnd:20150804153951p:plain