読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。人生は死ぬまでの暇つぶしだと気づいた。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

大阪桐蔭vs履正社!!いきなり一回戦で激突!

スポンサーリンク

第97回全国高校野球選手権大阪大会の組み合わせ抽選会が大阪市内で行われ、大阪大会はノーシード制で行われるため、いきなり大阪桐蔭と履正社の優勝候補同士の激突となった。

 

大阪桐蔭は昨夏の甲子園で優勝。今春センバツでは4強。一方の履正社は昨年春のセンバツで準優勝した実力校。その時のメンバーも残り、初戦から決勝戦のような大一番が見られる。
 

news.yahoo.co.jp

 
私は大阪ではないですが、是非見たい対戦です。
ハッキリ言って甲子園レベルですからね完全に。
まあ、全国中継でも結構見ると思います。
 
大阪と言えば、PL学園でしたが、今は完全に時代が変わり、大阪桐蔭の時代です。
それに待ったをかける第一候補が履正社ですからね。
 
このどちらかが地方予選の一回戦で姿を消すなんて、抽選の神の悪戯か。
 
今日のYAHOOニュースにこんな記事がありました。

news.yahoo.co.jp

復活すのでしょうか?PL学園。
 
それにしても高校野球といえば甲子園だが、ホントに熱い涙と汗の劇場は地方予選の名もなき試合の中にもいっぱいある。
誰も注目していない対戦んでも、選手ひとりひとりに家族があり、ドラマがあり友情があり、野球に青春をかけたことに強豪校も無名校もない。
私はむしろ甲子園より、夢破れた地方予選の名もなき選手たちの姿に何とも言えない思いがあります。

f:id:cc66hnd:20150627112733p:plain

 
 
何と言っても試合後の「ラストミーティング」には泣ける。
 
毎年テレビで「熱闘甲子園」やりますけど、その前に地方予選版が泣ける。「ラストミーティング」に泣ける。
甲子園は夢が叶った者たちの夢舞台だけど、全国の地方球場では白球に思いを込めた青春のラストを向かえる場所となる。
そして様々な人間ドラマがある。
でも本当に野球部は幸せだと思う。
いろんな部活の中でも、全校応援、ブラスバンド、君の打席を祈る思いで見ている友達や家族。みんな一緒に戦っています。
 
昨年の「熱闘甲子園」のテーマ曲が、良かった。ピッタリの曲でした。

 
 
今年も地方予選が始まります。
 
私は北海道なので、選抜準優勝の東海大四高の活躍を期待してますが、甲子園に出場できるかどうかはわかりませんよ。
駒大苫小牧もいい感じだし、北海高校もかなり強いからね。
実は最近、大阪桐蔭が北海道に来て練習試合をした。
東海大四高とも試合をしました。
その時は、大阪桐蔭の圧勝でした。
 
みんながんばれー!
みんな、悔いのないように!!