読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。人生は死ぬまでの暇つぶしだと気づいた。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

十四代取扱店! 札幌ススキノ

スポンサーリンク

昨日(11日木曜日)は札幌でアウエー感満載の会議に出席して、その後の飲み会も知らない人ばかりの中でまいったよ。

あの居心地の悪さはなんとも言えない感じだ。逆に、アウエー感を楽しむどM的発想を持たないと乗り切れないね。

で、なんとか一次会を耐え、とっとと抜け出した。
あの、メンバーで二次会はありえない。
どうしようか考えながらぶらぶらススキノを歩いているうち、ふと目に止まった札。
f:id:cc66hnd:20150612234909j:plain
十四代取扱店って札。
お~!!十四代か~。飲みたいな!!
でも、さすがに一人で入店する勇気がなく、そうとう高そうな店だったし、写真撮っただけで通り過ぎる。
今度、愛する嫁ちゃんといつか来てみたいと思った。
で、結局どこ行けばいいかわからんので、先週行った焼き鳥に行った。
宿泊しているホテルにも近いし。
まず、一杯目、「田酒」。
f:id:cc66hnd:20150612235256j:plain
美味いですね。先週来たときは、売り切れていた。
売り切れていたと同じというか、一升瓶に残り一杯分はなく、3分の1程度しかなく、サービスで残りを飲ませてくれた。ただで。
で、今日の一杯目は田酒にした。
f:id:cc66hnd:20150612235511j:plain
焼き鳥は普通にうまい店です。
で、二杯はやはりここに来た目的である「獺祭2割3分」。
めちゃくちゃ美味い!!
f:id:cc66hnd:20150612235719j:plain
ホント、最高だ。
一人で飲むなんてほとんどないんだけど、獺祭があれば幸せだ。一人で飲んでても幸せだ。
で、今日(12日金曜日)は2時まで札幌で仕事があって、地元に帰って、講演会に急きょ出席。
グルメ開発の関係でその道の有名人、ヒロ中田氏の講演会と飲み会。
ああ、とんでもないことに関わることになるので、考えただけで死にそうになってる。
f:id:cc66hnd:20150613000355j:plain
言うのは簡単だがやるのは難しくハードルが高すぎる。
これ以上、仕事増えればホント死ぬで。