読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

キャンディーズ「春一番」 3年間カラオケで歌えなかったんだって

雑感 エンタメ
スポンサーリンク

♪雪が溶けて川になって 流れて行きます…キャンディーズの代表曲の一つですが、約3年間も通信カラオケで歌えなかったって知ってました?

 

作詞・作曲を手掛けた穂口雄右氏(67)が、2012年3月に日本音楽著作権協会JASRAC)を退会。著作権を自己管理した。これを受け、通信カラオケ大手の第一興商と「JOYSOUND」「UGA」を運営するエクシングが、同年6月に配信を停止。カラオケの“デンモク”から消えてしまった。(引用:日刊ゲンダイ 3月25日(水)9時26分配信 )

 

春一番」は明るい曲ですが、春は別れの季節ですね。

3月はまさに別れの季節です。

逆に春は出会いの季節でもあります。

何でも世の中、表裏一体です。

サラリーマンは転勤時期ですし、学生は卒業シーズンです。

楽しかった仲間たちとの過ごした時間を思えば思うほど、別れがさみしくツライ。

楽しかった分、仲が良かった分だけ、別れが悲しい。

それを、みんな多かれ少なかれ経験して人生を重ねていく。

分かっちゃいるけど、なんか3月の春の日差しも空しくさびしく感じるね。

でもね、人間とカレンダーの関係って結構あるもので、これが4月になるとやはり何かリセットされて、新たなものへの期待感みたいなものが心に芽生えるんだよ。

それが、新しい年度のスタートということなんだろうな。

人生は出会いと別れの繰り返し。

わっかちゃいるけど、それぞれのドラマが心に残る。