読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとでやります

おっさんのひとりごです。人生は死ぬまでの暇つぶしだと気づいた。ただ、一さいは過ぎてゆきます。何を言ってるのかわからないと思うけどオレもさっぱりわからない。

セブン&アイ鈴木会長「あまり効果ないのでは」ファミマとユニの経営統合は(笑)

スポンサーリンク

鈴木会長が言うとそれらしく聞こえる。確かに、コンビニ同士がただ合併したところで消費者にとってどれだけのメリットがあるのかわかりません。


根本的には、消費者のニーズをどう先取りし、魅力のある商品とサービスを提供し続けられるかが問題。


合併して業界2位の規模になったとかは、セブンイレブンにしてはたいした脅威的な話ではないだろう。
セブンイレブンを脅かす考えもつかなった商品や劇的なサービスがあるというなら、業界に大きな波が起きるだろうけど、経営統合だけじゃ怖くはないわ。


これからは、どの地域でも少子高齢化、人口減が進むことは間違いありません。
コンビニ業界のみならず、小売業に与える人口減のボディブローをどのように克服していくかがカギになると思います。


当然全体的な店舗数や売り上げは減っていくことが予想されますが、その時、どの会社が減るか、逆に増える会社もあるかもしれません。


たぶんポイントは、いかに地域密着で商品展開、サービス展開ができるかです。
当然セブンイレブンといえどもいつまでも王者でいられる保障はありません。
セブンイレブンがどんなにガリバーになっても、北海道のセイコーマートのように支持率の高い地域コンビニチェーンもあります。


地域のパイの奪い合いになっていく今後は、ますますオリジナル商品の優劣、安全性、加盟店のやる気が問われる時代になっていくでしょうね。


とにかく買い物する人の数が減るんです。
それに合った、店の数に自然淘汰されるんです。
要はいろんな意味で中身の問題になるんでしょうね。